認知症予防にレスベラトロールは良いの?

赤ワインポリフェノールとして知られるところとなったレスベラトロールは、認知症を予防する効果が期待できるとマスコミでも大きく取り上げられました。レスベラトロールの効果は様々で、血流を改善する効果があるといわれています。レスベラトロールを摂取することで脳血管の血流も改善されますので、脳血管の血流の悪さが原因で起こる認知症を予防できるという理由です。また、レスベラトロールを摂取し続けることで、サーチュイン遺伝子と呼ばれる老化を食い止め長生きを促す遺伝子を活性化させることができます。サーチュイン遺伝子が活性化すると、老化によって破壊されてしまう細胞の量を減らしていきますので、脳が委縮することで起こる認知症を予防することができるというのです。このほかにも、脳の中にある学習をつかさどる海馬という器官の機能を向上、改善させる働きもあるといわれています。

レスベラトロールによって認知症の発症を防ぐには、30代~40代のうちからレスベラトロールを摂取することが大切です。毎日の積み重ねによって、体内の血流アップを目指すことがまずは先決です。代謝を上げて衰えかけた体の機能を改善させることで、脳血管の血流改善や、細胞の活力アップ、記憶・学習能力の向上が期待できます。レスベラトロールは血管を強くする抗酸化性物質としても知られています。レスベラトールのサプリメントなどを上手に利用して代謝を向上させ、生活習慣病予防に努めていきましょう。これらがうまくいくと自然に認知症予防にもつながります。

ngopiyry / 2015年2月26日 / 派手なコスメ情報

育毛に必要な睡眠は量より質

育毛には規則正しい生活習慣というのがとても重要なのですが、その中の一つに挙げられるのが睡眠です。
就寝時間や起床時間が変則的だったり、毎日夜中の12時以降に寝る習慣があったりというような場合は、睡眠の質が低下してしまいます。
睡眠に質なんてあるのか、と思うかもしれませんが、このような不規則な睡眠習慣だと、起床時間になっても起きられない、日中に眠気に襲われるということがあります。
よく、人間は8時間睡眠がベストと言われますが、これはあくまでも平均的な数字であって、質の良い睡眠であれば5時間でもすっきりします。
逆に質が悪い睡眠だと、何時間寝ていても寝起きはだるく、眠気が残っていたりします。
つまり、睡眠で重要なのは量より質であり、これは育毛にも大きく関係しているのです。

疲れや起床時間によって違いがあるものの、一般的に夜10時ごろになると自然に眠くなってきますが、これはメラトニンという眠くなる脳内物質が分泌されるからです。
これは人間が健康でいるための自然な活動で、「もうそろそろ眠った方が良いですよ」という体の合図なのです。
そして、メラトニンが分泌されると体内の機能も眠りに向けて働き出すのですが、これを無視してしまうと、メラトニンの分泌量がどんどん低下してしまいます。
すると目が冴えて夜中でも起きていられるのですが、その代わり体を休ませるベストタイミングを逃してしまうことになります。
このような生活習慣が続くと、やがて夜10時以降になってもメラトニンが分泌されなくなってしまい、正常な眠気が起こらなくなるのです。

そうなると、体内機能も眠りのための準備をしなくなり、結果的に睡眠時間は十分であっても質の良い睡眠が取れなくなってしまうのですね。
睡眠の質が悪いと、体の疲れは回復できませんし、体内機能も休息させられませんし、髪や頭皮のダメージも修復されなくなるので育毛が出来る環境ではなくなります。
ですので、育毛のためには何時間寝るかが大事なのではなく、短時間であっても質の良い睡眠を取ることが大切なのです。

ngopiyry / 2015年2月7日 / 優しい発毛ケアの方法

ローヤルゼリーの効果と特徴

健康に役立つ成分として知られているローヤルゼリーには、豊富な栄養素が含まれています。
ローヤルゼリーは女王蜂専用の食べ物です。
元々女王蜂も働き蜂も生まれは同じですが、ローヤルゼリーを食べて育った蜂だけが大きな女王蜂へと成長します。
女王蜂に成長すると毎日大量に卵を生み続けるパワーの源にもなります。

ローヤルゼリーにはアミノ酸やビタミン、ミネラル等の栄養素がたっぷりと含まれているのが特徴です。
人間にとっても健康維持に役立つ上に、優れた美容効果も発揮するので注目を集めています。

ローヤルゼリーの美容効果で注目したいのは、アンチエイジング効果です。
年齢を重ねると次第に肌の老化現象が現れますが、一度衰えが生じるとなかなか改善させるのは難しいものです。
ローヤルゼリーには豊富なアミノ酸が含まれているため、衰えた肌細胞を再生させる役割も発揮します。
優れた抗酸化作用をもたらし、肌の老化を加速させる活性酸素を速やかに除去する働きも期待できます。
美肌作りに欠かせないビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、優れた美容効果を発揮してくれます。ローヤルゼリーにしか含まれていないアピシンは細胞の代謝機能を活発にする働きがあります。
若々しいお肌を取り戻す働きも期待できる優れた成分です。

また、ホルモンの一種パロチンも若返り効果が期待できます。
加齢によって衰えたお肌の状態を回復させる効果が期待できるアピシンとパロチンの相乗効果で、より高いアンチエイジング効果が期待できます。
ローヤルゼリーは健康食品として販売されている商品を美容維持に役立てている方が多いですが、基礎化粧品にもローヤルゼリーエキスが配合されているものが多くあります。

併用すれば優れた美容成分を効率良く補給できるため、健康食品と合わせて毎日のスキンケアでも活用し、体の内側と外側の両方からケアしている方も多いです。
肌に大きな負担を与えないスキンケア商品として、幅広い年齢層から支持されている特徴があります。

ngopiyry / 2015年2月6日 / 派手なコスメ情報

石油系界面活性剤が配合されたクレンジング

日中のバッチリメイクは寝る前にしっかり落とさなければ、毛穴に汚れが詰まったままで肌に大きな負担を与えます。
肌トラブルを引き起こすのが怖いので、洗浄力が強いクレンジングで確実に落としているのに、なぜか肌トラブルが絶えないと悩みを抱えている女性が実は多いのです。

肌の汚れやメイクをきちんと落とさなければいけないのは間違いでありませんが、この場合、クレンジングの選び方を間違えているため、肌トラブルを引き起こしていると考えられます。

洗浄力が強いクレンジングには、石油系界面活性剤が配合されている商品が多いです。
界面活性剤とは界面と呼ばれる物質同士の境目に働きかけ、性質を変える役割を担う成分のことです。

わかりやすく例えると、酢と油、卵黄を混ぜあわせるとマヨネーズが出来上がります。
酢と油だけを混ぜようとしても分離してしまいますが、卵黄を合わせるとクリーム状のマヨネーズが完成します。

本来なら混ざらない性質で液体状の酢と油に、界面活性剤の役割を担う卵黄を加えることで、クリーム状の異なる性質のマヨネーズ変化するのです。

界面活性剤はメイクとクレンジング成分をなじませるために、どうしても必要なのです。界面活性剤は乳化させる作用の他にも浸透作用、分散作用を持ち合わせているため洗浄効果を発揮します。
石油を原材料にして化学合成された界面活性剤は、非常に強力な洗浄力を誇ります。

石油系界面活性剤の中には、強力な油汚れを落とすために使われる工業用洗剤にも使用されている成分が存在しています。
たとえ微量とはいえ、洗浄力が強すぎる石油系界面活性剤が含まれているクレンジングを使えば、肌トラブルが続出するのは当然かもしれません。

メイク汚れをしっかり落とせるのは間違いありませんが、本来は残して置かなければいけない皮脂も根こそぎ奪って洗い流してしまいます。
皮脂が奪われたお肌は乾燥肌になり、バリア機能が極端に低下して肌トラブルを続出させます。

場合によっては肌のバリア機能を回復させようと皮脂を過剰に分泌させてオイリー肌になり、ニキビが増える可能性が高くなります。
メイクをしっかりと落としているのに肌トラブルが続く方は、このようなサイクルを繰り返しているかもしれません。

ですので、クレンジングを使用する際は肌トラブルを避けるためにも、できるだけ配合されている成分にこだわって、選ぶようにして下さい。

ngopiyry / 2015年2月6日 / 派手なコスメ情報

肌の乾燥と腸内環境の関係は?

便秘になると肌の調子が悪くなると実感した経験がある方も多いかもしれませんが、肌の乾燥と腸内環境は非常に密接な関係があります。
若々しいお肌を維持している人は便秘知らずで、健康的な腸を維持しているものです。

肌が乾燥してトラブルが絶えない方は腸内環境が劣悪な状況になっている可能性が高いので、腸内環境を改善してお肌の健康も取り戻しましょう。

私達の腸にはビフィズス菌に代表される、善玉菌と大腸菌等の悪玉菌が存在しています。
善玉菌が優勢を保っていると腸内環境が健全で、肌トラブルも起こりにくいものです。
悪玉菌が優勢になると腸の働きが悪化し、便秘や下痢を引き起こす原因となります。

腸内環境が悪化するにつれて腸管のバリア機能が悪化し、悪玉菌が全身に侵入してくるので、当然お肌にも悪影響を及ぼし、肌の乾燥やくすみ等のトラブルへとつながるのです。

女性は特に便秘になりやすい体質の方が多いため、腸内環境が悪化しやすいものです。
一生懸命スキンケアを頑張っているのになかなか良い結果が見られない方は、ご自身の腸内環境を見直して下さい。腸内環境を整えるためには食生活の見直しが必要です。
消化しにくいお肉や脂っこい食事は悪玉菌の大好物で、善玉菌を減らす格好の材料になります。

できるだけ消化の良い食材や野菜や果物を積極的に摂るように心がけ、栄養バランスを考えた食事にして下さい。
乳酸菌を補給するためにヨーグルトが良いと言われていますが、体質的に合わない方も多いようです。
動物性乳酸菌が合わない方は植物性乳酸菌を積極的に補うのも効果的です。

漬物や味噌の発酵食品に植物性乳酸菌が多く含まれているので、積極的に活用して下さい。
善玉菌は毎日補給すべきですから、規則正しい食生活は下痢や便秘が改善されても、継続するように心がけましょう。
食生活以外にも適度な運動やストレス発散、十分な睡眠にも注意して下さい。

腸内環境が整ってくると、お肌の調子も次第に良くなってくるはずです。
スキンケアの基本になる保湿は徹底的に実践し、肌質を悪化させないように気をつけて下さい。

ngopiyry / 2015年2月6日 / 派手なコスメ情報

低分子コラーゲンの魅力と特徴は?

コラーゲンは適度な水分を保持して真皮を構成しているだけでなく、骨や靭帯等全身を構成しているたんぱく質のうち約3割を占めている成分です。

若々しいお肌を保つために必要な成分ですが、年齢と共に減り続けるため、肌の老化現象を引き起こす大きな原因になります。
ハリと弾力を保つためにも、コラーゲンを減らさないようなスキンケアを実践しなければいけません。

足りなくなったコラーゲンを補うには、毎日使う基礎化粧品に配合されていれば良いと考えるのが普通ですが、問題になるのが、コラーゲンは肌の奥深くにある真皮に存在する成分だということです。

コラーゲンは非常に分子量が大きいため、そのままの状態では肌の奥にまで浸透できずに表面にとどまってしまいます。
できるだけ肌の奥まで浸透できるように開発されたのが低分子コラーゲンです。

通常の分子量では大きすぎるため、分子量を小さくしている特徴があります。
低分子コラーゲンが配合されている基礎化粧品を使うと、肌に浸透しやすくなります。肌の潤いを維持しながら効率良く弾力を引き出せると期待できますが、多くの方が勘違いしているのが真皮にまでしっかり届くと思っていることです。

低分子コラーゲンは肌への浸透性を高めている特徴がありますが、本来存在している真皮まで達することはありえないと言われています。
分子量を小さくしてもようやく到達するのは角質層だと考えられますが、それでも真皮に届かなければ全く意味がないわけではありません。

保湿力に優れているため、適度な水分量を維持して肌のバリア機能を維持するために役立ちます。
乾燥肌を防ぐ効果も発揮するため、ふっくらとしたお肌を目指せるためエイジングケアに適している成分です。

低分子コラーゲンが配合されている基礎化粧品を活用する場合は、最初に導入化粧水を使用すると更に効果的です。
肌に浸透しやすい状態に整えてくれる働きがあるため、効率良く低分子コラーゲンの働きを引き出せます。

ngopiyry / 2015年2月6日 / 派手なコスメ情報

肝斑の特徴とスキンケア方法は?

年齢を重ねると様々な肌トラブルが増えてきますが、多くの女性を悩ませるのがシミです。
シミが増えたり、濃くなるほど年齢を感じさせる肌質になるため、できるだけ作らないように注意したいものです。

シミの中でも一度出来るとなかなか治りにくいと言われているのが肝斑(かんぱん)です。
30代以降に出来やすく、肝斑に適したケアを実践しなければ余計に悪化すると言われているため注意しましょう。

肝斑の特徴は頬骨に沿って左右対称の形で出来る場合が多い点です。
全ての方が同じような形状で現れるものではなく、頬骨に沿って筆でなぞったように広がったり、目尻の下あたりに少し広がったり、茶色っぽく地図状に広がったりと様々です。

数々の症例を見ている皮膚科の専門医でも肝斑と通常のシミを見分けるのが難しいため、素人では余計にわかりにくいものです。
皮膚科や美容外科でシミ治療を行う場合はレーザーを照射したり、ケミカルピーリングを行う場合が多いですが、肝斑には逆効果になるため十分注意しなくてはいけません。肝斑に適したスキンケア方法で、まず取り組んで頂きたいのはホルモンバランスを整えることです。
シミができるメカニズムと若干異なり、ホルモンバランスが肝斑の症状を引き起こすと言われています。

妊娠や出産、過剰なストレスが影響し、バランスが変化しやすい30~40代に多く見られるためです。
ホルモンバランスを正常に保てるように、規則正しい生活を心がけながらストレス解消をして下さい。

お肌のお手入れで注意したいのは紫外線の影響を避け、しっかりと保湿をしてバリア機能を保つことです。
肝斑も普通のシミと同様に紫外線の影響で悪化する可能性が高いです。

肝斑に有効とされているトラネキサム酸や、メラニン色素を還元する作用のあるハイドロキノンが配合された基礎化粧品を使ったスキンケアを実践すると良いと考えられます。

トラネキサム酸は皮膚科や美容外科の医療機関で内服薬として処方してもらうか、薬剤師のいるドラッグストアや薬局でOTC医薬品としても入手できます。

ngopiyry / 2015年2月6日 / 派手なコスメ情報

乾燥肌で肌のハリ・弾力がなくなりやすい理由は?

乾燥肌になると肌が粉を吹いたようにカサついたり、化粧ノリが極端に悪くなります。
更に厄介なのが肌のハリや弾力が失われてしまい、深いシワができたり重力に負けてたるみが生じてしまう場合もあります。
乾燥肌からハリや弾力がなくなりやすい原因は、肌の保湿力が失われているからです。

健康的で若々しい赤ちゃんのプルプルお肌で考えてみると、大体7~8割くらいは水分で占められているとされています。
保湿力のカギを握る3大保湿成分のヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドもたっぷり含まれています。
成長するに伴い、生活習慣の乱れが生じると徐々に保湿成分の量が減りだします。

その後20代をピークに確実に減少していき、年齢を重ねるほど保湿力が失われてしまいます。
特にハリや弾力を維持するために活躍するコラーゲンは、大人になれば赤ちゃんの約半分の量になるとも言われています。
年齢と共に減少しやすいのに加えて、乾燥肌のせいで肌の保湿力が衰えてしまえば、確実に早く肌老化が訪れます。
ハリや弾力がなくてシワやたるみの生じたお肌になっていると、実年齢以上に見られてしまうのも当然です。乾燥肌の方は真っ先に保湿力を強化して、適度な潤いを維持できるように心がけて下さい。
ハリや弾力を維持するために必要なコラーゲンやエラスチンの補給が必要と考えられますが、肌の奥には浸透しにくい成分のため、できるだけ浸透性が良くなるように開発された商品を選ぶのがおすすめです。

化粧水でしっかり水分を補給した後は、水分を逃がさないようにフタをする役割を持つ乳液や保湿クリームを使って下さい。
洗顔時に洗浄力が強すぎる商品を使うと皮脂が全て奪われてしまい、乾燥肌を余計に悪化させる可能性が高くなります。
正しいエイジングケアの基本は保湿です。

様々な保湿成分がある中で、自分の肌質には何が必要なのかをしっかり見極めなければ正しい保湿ケアは実現しません。
スキンケアも大切ですが、日常生活の改善も大事な要素になることを忘れないで下さい。

ngopiyry / 2015年2月6日 / 派手なコスメ情報

運動不足による筋肉のこわばりは抜け毛につながる?

抜け毛を改善する方法はいろいろありますが、運動によって血流を促進するのも一つの効果的な対策方法となります。
運動が抜け毛に効果的というのは、一般的には血流が促進されるから、と思われていますが、運動にはもう一つ重要な効果があるのです。
運動不足になると、筋肉を動かすこともなくなってしまうため、筋肉を緊張させる成分が排出されずに滞ってしまいます。
この緊張成分が筋肉の中に留まったままだと、どんどん硬くなって伸縮性がなくなり、結果的にこわばってしまいます。
しかも、硬くなった筋肉の周辺までその影響が及び、やがてこわばった状態の筋肉の範囲が広がるという悪循環が起こります。
そして筋肉のこわばりというのは、血管に大きな悪影響を与えてしまうのです。

血液というのは、血管が収縮することによって流れていくのですが、この収縮を促しているのが筋肉です。
つまり筋肉が柔らかくしなやかな状態であれば、血管もきちんと規則的に収縮されるので、動脈から静脈、毛細血管などにもしっかりと血液が行き渡ります。
しかし筋肉がこわばっていると、動脈と静脈の間にある細動脈や毛細血管が圧迫されてしまうために、血液がすみずみまで行き渡らなくなってしまいます。
そのため必要な栄養素や酸素が不足してしまうために、不調が引き起こされてしまうのです。

しかも、筋肉のこわばりは周囲に広がるという悪循環を持っているので、例え頭皮から遠いところでこの状態が起こっていても、やがてその影響が及んでしまうのです。
例えば、背中の筋肉がこわばっていたとしたら、それが肩や首にまで広がり、頭皮にも広がることもあるのです。
頭皮の血管は他の部位よりも細いので、血行不良になりやすいために、余計に筋肉のこわばりの影響を受けやすいとも言えます。
頭皮の血行が悪くなれば、毛根組織の働きも低下しますし、頭皮環境も悪化するので、結果的に運動不足による筋肉のこわばりは抜け毛の原因となるのですね。
だからこそ、抜け毛を改善するためには運動をしっかり行うことも必要なのです。

ngopiyry / 2015年2月2日 / 優しい発毛ケアの方法

レスベラトロールに副作用はあるの?

このレスベラトロールというポリフェノールに関する副作用の懸念が多く取り上げられています。現時点では、レスベラトロールには副作用の報告はありません。また医薬品とレスベラトロールの組み合わせで体に悪影響をもたらす物質に変質するというような否定的な相互作用も報告はありません。安心してレスベラトロールを摂取するようにしましょう。ただし、レスベラトロールのサプリメントの原材料に副作用を引き起こす可能性があるものがあるかもしれません。動物由来のゼラチンを使ったカプセルや、イチョウ葉エキス、野菜や果物のエキスにアレルギーを持っている方がいれば、相応のアレルギー反応を引き起こすことが考えられます。レスベラトロールサプリメントを選ぶ際には、原材料などをしっかり調べて購入されることをお勧めします。お試しセットなどを購入されてから飲み心地を調べることも大切です。

心臓病や糖尿病疾患、肥満症の薬物治療を行っている方で、レスベラトロールのサプリメントを摂取する方や医師の診察を受け服薬指示を受けている方は、レスベラトロールのサプリメントを摂取することを相談されると安心でしょう。医薬品との相乗効果がないといわれていますが、サプリメントの成分の中に医薬品との相乗効果をもたらすものが含まれている可能性があります。飲み合わせに注意をしなければいけないエキスが同時に含まれている可能性もありますので、副作用が認められないレスベラトロールではあるのですが事前に医師や薬剤師に相談をされることをお勧めします。

ngopiyry / 2015年1月27日 / 派手なコスメ情報